[高校]Topics

Topics

[高校]Topics [高校]クラブ活動 [高校]卓球部

【クラブ】2月の戦績

投稿日:2020年2月3日 更新日:

■高校卓球部
第65回広島県高等学校新人卓球大会(個人の部)
兼 第47回全国高等学校選抜卓球大会シングルス(2部)
2月1日(土)シシンヨーオークアリーナ・2日(日) 警固屋体育館
ダブルス(1日目)
男子 3位 松本・石原 組 5位 下﨑・飯田 組 3回戦 福島・神宮 組
女子 5位 大貫・林 組
シングルス(2日目)
男子 4位 石原 5位 松本 5回戦 下﨑,飯田(ベスト16)
4回戦 松井 2回戦 福島 1回戦 神宮
女子 3回戦 大貫,表前 1回戦 林
大会初日は ダブルスの予選と上位4組による順位決定リーグが行われた。
松本・石原組が1勝2敗で3位となったが,男子の下﨑・飯田組、女子の大貫・林組は惜しくも準々決勝で涙を飲んだ。
大会2日目のシングルスは,男子が初日3回戦を勝ち抜いた32名によるトーナメント(武田5名進出)が行われた。5回戦を勝ち抜いた8名がA・Bの2つの組に分かれ,リーグ戦その後順位決定戦(A・B組の同順位による)が行われた。女子は,3回戦を勝ち抜いた16名がトーナメントでベスト8を決め,その後A・B組に分かれてリーグ戦,更に順位決定戦(男子と同様)を行なった。女子では大貫が高野(呉青山)に2ー3で敗れ、8名の中に残れなかったのが残念だった。男子では,4位に入った石原をはじめ,飯田(松本との同士討ちでベスト8に入れなかった),広島商業の寺岡 (第1シード)を最後まで苦しめた松井など1年生の頑張りが光った。そして初日会場の雰囲気を盛り上げる選手宣誓をした松本は,最後まで熱く気持ちを切らすことなく5位に入り,春の全国選抜大会の切符をつかんだ(全国大会出場経験のない最上位選手)。

-[高校]Topics, [高校]クラブ活動, [高校]卓球部